過剰貸付


過剰貸付とは、債務者の返済能力をはるかに越える貸付のこと。
過剰貸付が多重債務者問題の要因であるとも言えます。そして過剰な取り立て行為に発展しかねません。
貸金業規制法では、どのような事が過剰貸付となるかは、具体的には示されてない。一律に一定基準を設けることが困難であると言われてます。
貸金業者は融資の際、十分な調査と適正な融資体制をととのえる事が必要であると言えます。


TOP