取立て行為

資金業者および、取立てを委託された者は債権の取立てにあたって、人を脅迫したり、私生活や業務などに害するような言動により、困惑させてはならないとなっています。
ヤミ金業者による、暴力的な取立てを規制するために、規定されたものです。

具体的な禁止事項

1、正当な理由もないのに不適切な時間帯に電話やFAX、自宅訪問
2、債務者の勤務先や居住でない所への電話やFAX,訪問など
3、債務者の借り入れや私生活に関しての情報を第三者に明かすこと
4、貸付契約に基づく債務の弁済資金を調達することを要求すること
5、債務者に変わって、債務を弁済を要求すること
6、債務者が債務の処理を委託した場合、債務者から直接要求しないように求めらてたにもかかわらず、、電話やFAX,自宅訪問などの方法で債務を弁済することを要求すること


これに違反した貸金業者は、行政処分として1年以内の業務停止が科せられるほか、刑事罰として2年以下の懲役または、300万円以内の罰金に処せられ、またかこれが併科されます。
ヤミ金対策!ヤミ金の実態!-TOP