無登録業者

貸金業協会は、協会員が違反する行為をした時、その協会員に対し、一定の制裁をしることができるとされています。
ただし、直接無登録業者を取り締まる権利は与えてはないとのこと。
貸金需要者や協会員からの情報提供などを通じて無登録業者の摘発につき捜査機関と協力することは今後期待されているらしい。


登録を拒否されたたり、登録をうけないのもが貸金業を営んだ場合、5年以下の懲役か、1000万円以下の罰金がかせられる。
登録した名義を貸した場合は”名義貸し”、借りた場合は”無登録業者”として、同じ刑罰を受ける。
無登録業者が営業の広告をしたり、貸付についての勧誘をしたりしても、100万円以下の罰金がある。
また、登録した場所以外での営業をしることも禁止されている。
1年以下の懲役または、300万円以下の罰金、1年以内の業務停止処分の対象となることもある。

登録を受けようとするものが、成年被後見人や破産者で復権を得ないものだったり、暴力団だったり、営業所等に貸金業取扱主任者を置かないものだったりした場合は、行政庁が登録を拒否しなければならないことになっています。
登録申請にあたっては、登録拒否事由に該当しないことを誓約する書面提出しなければならない。


ヤミ金対策!ヤミ金の実態!-TOP